中古マンションは値段交渉をして当然?上手な買い方や選び方

Written on 12月 10, 2014 at 12:00 AM, by admin

中古マンションを購入すると決めたら、「築年数」「耐震性」「所有者情報」について調べておきましょう。特に日本は地震が多いため、築年数と耐震性については入念に確認しておくべきです。例えばマンションの建設ラッシュが起きた、バブル期に完成したマンションは色々な問題を抱えているケースが多いと言えるでしょう。

また所有者情報というのは、オーナーの経営方針という意味です。管理組合をきちんと機能させているのか、定期的にメンテナンスやリフォームをおこなっているのかは、生活していく上では大切なポイントとなるはずです。このようなポイントを疎かにしているオーナーの場合、これから何かしらの要望を出しても聞き入れてくれない可能性が高いため、あまりオススメはできません。

ちなみに「中古」という建物の性質上、値引き交渉も可能です。むしろ言われた通りの値段で購入してしまうと、損をしてしまいます。三井住友トラスト不動産(http://smtrc.jp/mansion/)でも多くの中古マンションを抱えていますが、基本的には「価格交渉」があるものだとして値段を掲示しているのです。

中古マンション自体の値段にもよりますが、一般的には100万円前後は値引き交渉に応じてくれるそうなので、まずはご自身の掲示価格を相手に伝えてみましょう。リフォームを自分でするかしないかによっても、値段は大きく動くそうです。

中古マンションを購入する時のチェックポイント

Written on 11月 23, 2014 at 12:00 AM, by admin

中古マンションは駅近など立地条件の良い物件が多く、リノベーションやリフォームをして住みやすくすることもできます。価格も新築分譲マンションよりリーズナブルなのでお買い得です。中古マンションを上手に購入したい方は、専有部分と共用部分をしっかりチェックしましょう。

マンションの所有者は、共用部分の所有権もあるので、補修工事が必要な場合は、費用を負担することになります。各部屋の専有部分と同じように共用部分も念入りに調べましょう。

中古マンションの専有部分は、管理組合で保管している完成図と照らし合わせてみましょう。和室から洋室、カーペットからフローリング、畳からカーペットなどにリフォームしている場合もあります。ベランダの広さや設備なども要チェックです。

玄関や各部屋のドア、サッシ、クローゼットの扉や棚、ハンガーパイプ、キッチン、洗面所、浴室やトイレなどの水回りに不具合がないか確認することが大切です。新築からの年数が長い中古マンションは、水漏れがないか調べる必要があります。

共用部分に関しては、定期的なメンテナンスが行われているか確認しましょう。廊下の壁や天井にひび割れや変色した分がないかチェックしましょう。タイルがはがれていたり、コンクリートがひび割れている場合は、将来的に補修工事が必要なります。管理組合の長期修繕計画書と修繕積み立て金を確認した方がいいでしょう。

現地見学に行った友人が感激していた訳は

Written on 1月 9, 2014 at 12:00 AM, by admin

先日、友人と食事に行きました。
食事しながら、友人からモデルハウスを見学しに行った話を聞きました。

まだ、「具体的な」というわけではないけれども、いずれは家を建てたいという希望があるというのです。

2014年4月からの消費税率アップが刺激になったとか。
ご主人と「まずはモデルハウスでも見に行ってみるか・・・」という話になり、レッツゴー・モデルハウス!

そこそこ、近いところで練馬の「レーベンプラッツ」を見学してきたそうです。

西武池袋線の大泉学園駅南口から西武バス成増駅南口行きに乗車して、「長久保」というバス停で下車して徒歩3分のところにあるとか。

価格は5,000万円前後、さすが、すばらしかった!!の連発。

今住んでいる賃貸マンションがの家賃が、17万円だから年204万。
35年間払い続けると、総額7,140万円・・・・
ふと、買えそうな気がしてきた、と言ってました。

家に帰って、早速私もネットで検索。
ありました・・・レーベンプラッツ大泉学園|新築一戸建て

「選ばれしものたち」「羨望の大泉邸園」・・って、えらくカッコイイキャッチコピーのレーベンプラッツ大泉学園。

確かに、環境も間取りも・・・生活空間が優雅そうです。
都心で5,000万円前後は、べらぼうに高額ということもないし、友人じゃなくても、心が動いてしまいそうですよ。

こんなところに住んでみたいな~。

芦屋の一戸建て住宅は希望を取り入れた注文住宅がおすすめです。

Written on 1月 16, 2013 at 12:00 AM, by admin

http://www.mitsuihome-west.com/modelhouse/pagebox/hyogo/your_ashia/index.html兵庫県芦屋市の山の手エリアは、落ち着いた雰囲気で人気のある住宅街です。静かな山の手には格調の高いデザインの家が似合います。この地域でマイホームを購入するなら、高級住宅街らしい外観と暮らしやすさを両立した一戸建てを選びたいですね。

とはいっても、理想の暮らしは人それぞれ。やはり注文住宅がおすすめです。芦屋の山の手エリアに似合う家を建てるなら、その地域にマッチする家を建ててくれる三井ホームウエストに相談してみませんか。素材を活かした外観は町並みに溶け込み、暮らしやすさを考えた設計はオーソドックスから斬新なものまで手がけています。三井ホームなら、ご希望を取り入れながら町並みに合う一戸建てを建ててくれます。

三井ホームは、設計にもインテリアにもこだわっています。精鋭の建築家とインテリアコーディネイターのこれまでにないコラボレーションでは、毎日の暮らしが楽しく心地よくなるような見た目の良さと使いやすさを両立する住まいとインテリアをご提供しています。住まいと同時におしゃれで使い勝手も良いインテリアも手に入れられるのは、三井ホームならではの企画です。

三井ホームでは、実際にその素晴らしい住宅を体感していただくためにモデルハウスをご用意しております。芦屋では折り上げ天井や吹き抜けを取り入れた大胆な室内空間と、古レンガ調の重厚な外観の味わい深い品の感じられる家を見ることができます。「Yoursign芦屋モデルハウス」はこちら→http://www.mitsuihome-west.com/modelhouse/pagebox/hyogo/your_ashia/index.html

三井ホームでは営業担当者が各専門家をまとめ、最後までフォローしてくれます。また、オリジナルの住宅ローンがあるのでお支払いに不安のある方もまずはご相談ください。